武家屋敷通り

ぶけやしきどおり

武家屋敷通り

江戸時代、薩摩藩内では領内を113の区画に割り、それぞれに地頭仮屋を設け、その周辺に「麓(ふもと)」と呼ばれる武士集落をつくりました。旧蒲生町はこの薩摩藩独自の外城制度、薩摩古流の兵法に基づく、美しく、機能的な町割を残す県内でも数少ない地域です。 武士集落としての蒲生郷の麓は、二つの川に狭まれた地理的特徴を利用し、川を外堀として活用した町割がなされていました。麓の集落内には、計画的な町割が行われた道(西馬場、辻馬場など)が往時のまま残されており、屋敷には石垣や生垣としてイヌマキ(常緑の高木)を用いた武家門を配しています。

住所姶良市蒲生町上久徳2308-1
営業期間通年
休業日毎週
駐車場20台(内バス8台)蒲生観光交流センター駐車場
交通アクセス

蒲生総合支所より徒歩5~15分

問合せ先姶良市商工観光課
問合せ電話番号 TEL: 0995-66-3111

アクセスマップ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">