日本一の巨樹 蒲生の大クス

にほんいちのきょじゅ かもうのおおくす

日本一の巨樹 蒲生の大クス 日本一の巨樹 蒲生の大クス

国特別天然記念物(大正11年指定)
蒲生八幡神社境内にそびえ立つ大楠は、樹齢約1,500年、根周り33.5メートル、目通り幹囲24.22メートル、高さ約30メートルと日本で一番大きな樹木です。
環境庁が昭和63年に実施した巨樹・巨木林調査で、正真正銘日本一に認定されています。
樹根部分には、8畳分もの大きな空洞があり、下から見上げる壮大さと、地にどっしりと根をはった力強さは、神秘的で不思議な感覚を抱かせてくれます。
近年はパワースポットとしても人気の地です。
蒲生八幡神社が建立された1123年にすでに大木であったことから考えても、樹齢千年を超える堂々たる老木です。蒲生の地を訪れた和気清麻呂が手にした杖を大地に突き刺したところ、それが根付いて大楠になったとも伝わっています。
毎年11月第3日曜日には秋まつりが開催され、太鼓演奏の音が周囲に響きわたります。

住所姶良市蒲生町上久徳2259-1
営業期間通年
駐車場19台うちバス8台(上久徳2308-1)
交通アクセス

鹿児島市から車で約40分。鹿児島空港から車で約30分。蒲生総合支所から徒歩5分。

問合せ先姶良市社会教育課文化財係(加治木総合総合支所内)
問合せ電話番号 TEL: 0995-62-2111

アクセスマップ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">